貯筋・シニアトレーニング


ロコモティブシンドロームについて

ロコモティブシンドローム

生活での自立度が低下し要介護の状態や要介護の危険のある状態をいいます。
現在、ロコモティブシンドローム、またはその予備軍は 全国に4700万人で40歳以上の男性の84%、女性の79%を占めます。足腰の筋力やバランス能力の低下については、出来るだけ若いうちから筋力トレーニングを取り入れることでかなりの確率で予防することが出来ます。また、ロコモティブシンドロームになってしまっても運動やトレーニングで症状を改善することが出来ます

運動器の機能低下

運動器を構成しているのは、カラダを支える骨、カラダを動かす関節軟骨、脊椎の椎間板、動力や脊椎・関節の安定をはかる筋肉、それらに関わる神経系です。 これらは単独の症状としてもみられますが高齢者ほど複合する傾向があります。 軽症は「歩行が自力で可能」、中等度は「歩行に杖、歩行器等の解除が必要」、重症は「歩行に人の介助が必要・または歩けない」となります。ロコモティブシンドロームを防ぐトレーニングについては 、ロコモティブシンドロームの対策の基本は運動器を正しく上手に使うことです。 ただ運動やトレーニングをするのではなく膝や腰などへの負担を考えた運動が大切です。

単独歩行が困難になる方は下肢の筋力が弱くなります。 下肢の筋力は、歩行だけではなく、イスから立ち上がったり、階段を上ったり、トイレ動作など生活にはかかせない動きを担っています。中高年の方は運動能力に個人差が大きいため、パーソナルトレーニングなどで個々に合ったトレーニングになるようにパーソナルトレーナーによるトレーニング指導をおすすめします。

予防に勝る治療なし

老後に備えて貯筋

超高齢化社会、介護予防、加齢により、まず歩けなくなります。次に食べられなくなり、そして認知できなくなり、という順番になることが多いようです。この流れを食い止めるのに有効なのが、筋肉量を減らさないこと。筋肉量が多ければ歩けなくなることを防げます。さらに、食べたり飲んだりする舌の筋肉は骨格筋(骨を動かす筋肉)の量に左右されることがわかってきました。筋肉量を維持し、歩き続けることが、食べ続けることにつながり、さらに認知症の予防にもつながります。サルコペニアを防ぐには筋力トレーニングが有効です。(加齢などによる筋肉の低下は、サルコペニアと呼ばれます。サルコ(sarco:筋肉)がペニア(penia:減少)するという意味)

BODYWORKで貯筋

貯金ならぬ、貯筋をすることで、歩けなくなる、食べられなくなる、認知できなくなる、の3つの節目を緩和することが期待できます。加齢による老化を止めることはできませんが、その速度をゆるやかな流れに変えることは、運動し、体力をつけることでかなえることができるのです。超短時間、超低重量負荷、日本の健康社会をサポートするを加圧トレーニング。BODYWORKではマンツーマンでトレーニングを指導いたします。年齢や体力に合わせ、個別にトレーニングプログラムを作成し、加圧トレーニングは効率の良いトレーニングを可能にします。

加圧トレーニングについてはこちら➡
料金についてはこちら➡